{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

【現代版火打ち石】マグネシウムキーホルダー Magnesium FIRE starting tool

¥3,000 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー2件

送料についてはこちら

  • 円柱タイプ

    残り2点

  • 角柱タイプ

    SOLD OUT

__________ 2021/6/2追記: マグネシウム棒の形状が円柱タイプと角柱タイプより選べるようになりました。それぞれ以下のような特徴があります。 円柱タイプ:角柱タイプよりも体積が約2.7㎤大きく、多く使うことができる 角柱タイプ:辺があるため、削りやすい また各パーツを束ねるキーホルダーリングをワイヤータイプに変更したため、パーツの着脱がしやすくなりました。 __________ かつて火起こし器として使われた「火打ち石」を科学の力で現代風にリ・デザインした、全金属製の着火装置です。 粉末状になると高温で燃焼する性質のある金属元素マグネシウムと、打撃により火花を飛ばす性質のあるフェロセリウム合金を組み合わせ、強力なファイヤースターターとして使えるキーホルダーに仕上げました。 以下のリンクから実際に火起こしをする動画を見ることができます。 https://twitter.com/ni28_xp/status/1322427066621460482?s=20 ①マグネシウム棒を付属の削り板で削る ②燃えやすいものを置く ③削り板でフェロセリウム合金に打撃を与え、火花を飛ばす のステップで火を起こすことができます。 マグネシウムの燃焼温度は3000℃にも達するため、寒冷地や雨天といった悪条件下や、燃やすものが生木しかないなどの非常事態でも強力なファイヤースターターとして威力を発揮します。 マッチなどの着火装置は水没すると使えなくなりますが、本製品はいずれのパーツも金属の塊からなるため、雨に打たれたり水没しても着火性能には全く影響がありません。 またマグネシウムは時間が経つと表面が酸化し不働態の膜を形成するため保存性が非常に良く、着火性能を保ったまま半永久的に保管することができます。 着火手段の最後の砦として、防災用品の中に一つ入れておくだけでも安心感が違います。 各部の名称と化学的性質及び役割、実際の火起こしの手順について記載した説明書も付属します。 キャンプやアウトドアで実際に火起こし器として使うもよし、防災用品として保管しておくもよしの大変頼もしいアイテムです。是非ご注文下さい。 ___________________ 素材:純マグネシウム(99.99%)、フェロセリウム合金 重量:約57g(1セットあたり) マグネシウム棒サイズ:角柱タイプ:100x11.5x11.5mm,円柱タイプ:90xφ16mm フェロセリウム合金サイズ:φ8x80mm 付属品:取り扱い説明書 ※マグネシウムは棒状では燃焼しない為、普段の持ち運び中に発火するようなことはないので安全です。消防法においても、マグネシウムは棒状・塊状の場合危険物から除外されています。 ___________________